メイン

2010年12月14日

売買くんver3.13(XP版)がバージョンアップされました。

「売買くんver3.13_XP版」


■ダウンロード

 ・http://www.e-thermal.jp/dwl/baibaikun_3_13_xp.exe


■新機能

 ・印刷物の所在部分に番地を表示させる機能(一部レイアウト)を追加
 ・収益物件概要資料に消費税有無を表示できるように改良
 ・マンション台帳内の不具合を改良


■売買くんver3シリーズ⇒売買くん3_13へのバージョンアップ手順

 1、”現行”売買くん3シリーズを立ち上げ、ホーム画面⇒『バックアップ』ボタンを押下します
 2、バックアップ完了後、現行売買くんを閉じてください。

 3、新売買くんを上記アドレスよりダウンロード
 4、新売買くんをインストール
 5、新売買くんを立ち上げる
 6、新売買くんホーム画面の『バックアップデータ取り込み』を押す
 7、データ取込が終了すると、一旦新売買くんを閉じます
 8、新売買くんを立ち上げ、データを確認し問題なければ完了

2009年09月26日

売買くんver3_08以降⇒売買くん3_09以降へのバージョンアップ手順

3.08以降から3.09以降へのバージョンアップ手順
◆ご注意事項◆
バージョンアップされる際は必ず、当社にご一報下さい。

--------------------------------------------------------------
3.08以降の作業内容です。
---------------------------------------------------------------
1、『ホーム』画面⇒『バックアップ』ボタンを押下します
---------------------------------------------------------------
ここまでで3.08以前の作業終了です。
---------------------------------------------------------------
1、売買くん3.09以降をインストールします。
2、3.09以降の売買くんを起動します。
3、『ホーム』画面の『バックアップデータ取り込み』を行ないます。
4、データ取り込みされます。
5、データ取り込み終了した時点で一旦売買くんを閉じます。
6、全ての作業が完了します。

2009年07月24日

ver3.05へのバージョンアップ手順

1、既にバックアップを行なっている場合は
  C:\Program Files\ThermalSoft\BaiBaikun\baibaikun_savのフォルダごと
  デスクトップにコピーして保存をお願いします。
  C:\Program Files\ThermalSoft\BaiBaikun\FTPフォルダも  
  デスクトップにコピーして保存をお願いします。
2、"C:\Program Files\ThermalSoft\BaiBaikun\baibaikun_savのフォルダを開き
   00.jpg以外のファイルを削除を行なって下さい。
3、物件台帳、業者台帳、顧客台帳(追客台帳日誌にも必ず、データが保存されていること)、校区台帳、従業員台帳に1レコード以上データが存在するかどうか確認をお願いします。
  注:一つでも欠けているとバージョンアップが正常にできません。
4、3のデータが全て存在していれば、バックアップ(ver2.12をご利用の場合、バージョンアップ用を選択をして下さい。)を行なってください。
5、http://www.e-thermal.jp/dwl/baibaikun_ver2.15.exeからダウンロードし、
  売買くんver2.15のインストールします。(注:売買くんver2.12をご利用のお客様)
6、一旦、売買くんver2.15にバージョンアップします。(注:売買くんver2.12をご利用のお客様)
  スクリプトバージョンアップデータ取り込みを選択し、実行します。
7、売買くんver2.15でバックアップを行なってください。メッセージが表示されますの  OKボタンを押下して下さい。(注:売買くんver2.12をご利用のお客様)
8、売買くんver3.05をインストールします。
9、ホーム⇒スクリプト⇒バージョンアップデータ取り込み(ver2⇒3)を選択します。
10、メッセージが表示されます。「メジャーバージョンアップの取り込みを行ないます。」
注1:バージョンアップ中に「ファイルを開く」を促すメッセージが出力された場合、
    キャンセルを押下して下さい。
注2:画像外部化処理の有無についての確認メッセージが表示されます。
     バージョンアップ中にされなくても後でもできます。お時間が非常にかかる処理になります。
     予めご了承下さい。
11、取り込みが実行されます。
12、メッセージが表示されます。「バージョンアップデータの取り込みが完了しました。」
  デスクトップに保存しているFTPフォルダをC:\Program Files\ThermalSoft\BaiBaikun\FTP
  に上書き保存して下さい。
一旦、売買くんを終了します。
13、製品登録をします。
   納品メールに添付されているファイルを解凍後、インストールを行なってください。
以上でバージョンアップが完了致します。

続きを読む "ver3.05へのバージョンアップ手順" »

2009年04月11日

店長さんご利用のお客様の売買くんver2⇒ver3.04へのアップデート方法

1、バックアップ
  Tenchosan\ThermalSoft\BaiBaikun\baibaikun_savのフォルダごと
  デスクトップにコピーして保存をお願いします。
2、"Tenchosan\ThermalSoft\BaiBaikun\baibaikun_savのフォルダを開き
   00.jpg以外のファイルを削除を行なって下さい。
3、物件台帳、業者台帳、顧客台帳、校区台帳、従業員台帳に1レコード以上データが存在するかどうか確認をお願いします。
  注:一つでも欠けているとバージョンアップが正常にできません。仮データで問題ありませんので、
  顧客台帳や従業員台帳にデータが存在しない場合、データを作って下さい。
4、3のデータが全て存在していれば、バックアップ(ver2.09をご利用のお客様はバージョンアップ用を選択をして下さい。)を行なってください。
5、売買くんver3.04をお使いのローカルパソコンにインストールします。
6、製品登録
  添付のフォルダを解凍し、インストールします。
7、お使いのローカルアソコンのC:\Program Files\ThermalSoft\BaiBaikunのフォルダをお開きください。
  売買くんver3.04をインストール後、以下のフォルダのコピーをします。
  @backup,
  Auser_man,
  Bvb
  CFTP
  D売買くん_3_04
E売買くん画像
8、@〜Eを選択コピーしてTenchosan\ThermalSoft\BaiBaikunに貼り付けします。
9、Tenchosan\ThermalSoft\BaiBaikun¥売買くん_3_04を開き、売買くん_3_04を選択してショートカットを
  ご使用のパソコンのデスクトップに貼り付けして下さい。
10、9のショートカットを左クリックして売買くんver3.04を起動します。
11、ホーム⇒スクリプト⇒バージョンアップデータ取り込み(ver2⇒3)を選択します。
12、メッセージが表示されます。「メジャーバージョンアップの取り込みを行ないます。」
13、画像外部処理をしますか?というメッセージが出ます。お時間が非常にかかる処理となりますので、
   後でもできるようになっております。
14、取り込みが実行されます。
15、メッセージが表示されます。「バージョンアップデータの取り込みが完了しました。」
以上でバージョンアップが完了します。

2009年03月16日

店長さんご利用のお客様の売買くんver3.03バージョンアップ

1、バックアップ
  お使いの店長君内次のフォルダ内部を見てください。
  マイネットワーク⇒Tenchosan⇒Baibaikunのフォルダ内部を
  見てください。
  FTPフォルダがあれば、それをコピーしてお使いのパソコンの
  デスクトップに保存して下さい。
2、既にバックアップを行なっている方は
  Tenchosan\ThermalSoft\BaiBaikun\baibaikun_savのフォルダごと
  デスクトップにコピーして保存をお願いします。
3、"Tenchosan\ThermalSoft\BaiBaikun\baibaikun_savのフォルダを開き
   00.jpg以外のファイルを削除を行なって下さい。
4、物件台帳、業者台帳、顧客台帳、校区台帳に1レコード以上データが存在するかどうか確認をお願いします。
  注:一つでも欠けているとバージョンアップが正常にできません。
5、4のデータが全て存在していれば、バックアップ(ver2.09をご利用のお客様はバージョンアップ用を選択をして下さい。)を行なってください。
6、売買くんver3.02をお使いのローカルパソコンにインストールします。
7、製品登録
  添付のフォルダを解凍し、インストールします。
8、お使いのローカルアソコンのC:\Program Files\ThermalSoft\BaiBaikunのフォルダをお開きください。
  売買くんver3.03をインストール後、以下のフォルダのコピーをします。
  @backup,
  Auser_man,
  Bvb
  CFTP
  D売買くん_3_03
9、@〜Dを選択コピーしてTenchosan\ThermalSoft\BaiBaikunに貼り付けします。
10、1でデスクトップに保存したFTPフォルダも同様にTenchosan\ThermalSoft\BaiBaikunに上書き貼り付けします。
11、Tenchosan\ThermalSoft\BaiBaikun¥売買くん_3_03を開き売買くん_3_03を選択してショートカットを
  ご使用のパソコンのデスクトップに貼り付けして下さい。
12、9のショートカットを左クリックして売買くんver3.03を起動します。
13、ホーム⇒スクリプト⇒バージョンアップデータ取り込み(ver2⇒3)を選択します。
14、メッセージが表示されます。「メジャーバージョンアップの取り込みを行ないます。」
15、取り込みが実行されます。
16、メッセージが表示されます。「バージョンアップデータの取り込みが完了しました。」
17、添付のregi_baibaiをローカルにインストール後、C:\Programfiles\Thermalsoft\Baibaikun\売買くん_3_03内のregi_baibai.fp7をTenchoukun\Thermalsoft\Baibaikun\売買くん_3_03内に上書きします。
以上でバージョンアップが完了します。

  

2007年04月10日

売買くんVer2.14→2.15内容

・web上の物件検索システムへの物件件数表示用htmlの件数カウント処理を調整し、
 一般向け物件数、非公開物件数、全体物件数の3つを表示するようにしました。


・ver2.12までは物件検索アップロードの際にweb広告不可区分が空白は"可"扱いと
 しておりましたが、より確実に広告許可管理をするためにweb広告区分が空白は
 "不可"扱いとなっています。


※物件検索システムがver2.10から改良されています。
 改良内容はこちらを参照ください。

続きを読む "売買くんVer2.14→2.15内容" »

2007年04月06日

売買くんVer2.13→2.14内容

・業者物件確認書にて成約物件も表示される不具合が発生していたのを
 修正しました(ver2.12までは正常で、2.13のみの問題)

・ホーム画面で誤ってライセンスキーコードを変更してデモ状態に戻って
 しまう問題に対処しました。

・ver2.12までは物件検索アップロードの際にweb広告不可区分が空白は"可"扱いと
 しておりましたが、より確実に広告許可管理をするためにweb広告区分が空白は
 "不可"扱いとなっています。


※物件検索システムがver2.10から改良されています。
 改良内容はこちらを参照ください。

続きを読む "売買くんVer2.13→2.14内容" »

2007年03月09日

売買くんVer2.12→2.13内容

売買くんのVer2.12から2.13のバージョンアップ内容です。
リリース日付:2007年03月09日

・印刷資料A4(6)にて社名印刷長さを調整しました。

・印刷資料B5土地の物件番号長さを調整しました。

・売買くん初期設定時の動作調整。

・顧客一括マッチングにて個別の希望条件が正常に反映しなかった
 不具合を修正しました。

・メルマガ用アイテムの生成処理を調整しました。

・印刷メニューに、選択中の物件概要をテキストとしてコピーできる「テキスト」
 出力を追加しました。

・複数PCでの情報閲覧のための売買くんビューワに対応するためバックアップ
 機能を変更しました。

・従来は物件検索アップロードの際にweb広告不可区分が空白は"可"扱いと
 しておりましたが、より確実に広告許可管理をするためにweb広告区分が空白は
 "不可"扱いとなりました。★従来と物件検索公開条件が変わりますのでご注意ください。


※物件検索システムがver2.10から改良されています。
 改良内容はこちらを参照ください。

続きを読む "売買くんVer2.12→2.13内容" »

2006年10月21日

売買くんVer2.11→2.12内容

売買くんのVer2.11から2.12のバージョンアップ内容です。
リリース日付:2006年10月21日

・物件検索システムへの新着物件情報生成において、
 新着対象が0件の時にも1件と表示されることがあったのを修正
 しました。

・印刷レイアウトのお客様用2行タイプにて自社FAX番号の末尾1桁が
 印刷されないことがあるのを修正しました。

・印刷レイアウトお客様用図面21-交通にて価格表示に万円の表記が
 されないことがあるのを修正しました。

・重複処理にて対象以外の物件の物確日が当日に変更されることが
 あったのを修正しました。

・重複処理にて所在地が空白の物件があった場合に重複条件が
 不一致のものも重複として候補表示され、物確日が当日に変わって
 いる場合があることの対応をしました。


※物件検索システムがver2.10から改良されています。
 改良内容はこちらを参照ください。

2006年09月21日

売買くんVer2.10→2.11内容

売買くんのVer2.10から2.11のバージョンアップ内容です。
リリース日付:2006年9月21日

・ver2.10からの物件検索システム新版会員制対応のweb広告区分が
 ”不可”の物件について画像生成がされない場合があったのを修正。

※物件検索システムがver2.10から改良されています。
 改良内容はこちらを参照ください。

2006年08月24日

売買くんVer2.09→2.10内容

売買くんのVer2.09から2.10のバージョンアップ内容です。
リリース日付:2006年8月31日

・広告承諾書を単独印刷可能とし、物件確認書での広告承諾記名捺印を
 選択可能にしました。
・レインズからの物件取り込みにて再登録物件は物件確認日を更新するように
 変更しました。
・校区にて同一所在地の丁目での校区細分化に対応しました。(枝番号追加)
・物件検索システムの機能アップに伴いアップロードデータの項目編集を
 行いました。
・お勧め物件指定を追加しました。
 ※お勧め物件は選択マークボタンにて設定できます。
 選択マークボタンクリックで従来通りの選択、選択ONでクリックでお勧め物件、
 お勧め物件でクリックで選択オフという3段階切り替えになります。
・機能追加に伴う簡単バックアップの項目調整を行いました。
・マンションの間取項目プルダウンが表示されないのを修正しました。

<物件検索システム>
・一般閲覧者と会員閲覧者それぞれ向けの検索を可能としました。
 (web広告不可物件の閲覧が一般では非表示、会員では閲覧可能。
  一般閲覧は一覧表示まで、会員閲覧は詳細表示まで可能)
・一般・会員両対応に伴い物件検索システムでの新着物件表示をそれぞれ
 作成するようにしました。(詳細情報へのリンク有無)
・非公開物件(広告承諾不可)への説明ページ表示を小窓にて行うように変更しました。
・お勧め物件表示プログラムを追加しました。トップページなどに
 縮小画像つきのお勧め物件一覧を表示できます。
・物件検索結果一覧画面のレイアウトを改良しました。
 (縮小画像つき、情報の種別ごとの切り替えなど)
・物件検索詳細画面のレイアウトを改良しました。
 (情報項目の種別による切り替え、拡大画像表示ボタンの追加など)

※ご注意
売買くん物件検索システムをご利用のお客様で、売買くんver2.10にバージョンアップ
されただけでは上記の新しい物件検索システムとはなりません。
こちらの新物件検索・会員システムのデモサイト
http://www.e-thermal.jp/user_area/demonew にて動作をご確認の上、
新しい物件検索システムをご利用になる場合は、会員エリアログイン用のID/パスワード
をお決めいただき(半角英数字4〜8文字程度、IDの先頭文字はアルファベットで)
メールにて弊社宛にご連絡ください。サーバ側プログラムを切り替えいたします。

2006年05月21日

売買くんVer2.07→2.09内容

売買くんのVer2.07から2.09のバージョンアップ内容です。
リリース日付:2006年5月21日

・簡単バックアップにて物件台帳の追加項目に関する調整を行いました。
・物件確認依頼書の印刷レイアウトの余白調整を行いました。
・ver2.04では正常だった物件検索エンジンの追加検索項目にずれが発生して
 いたため修正しました。
・web用画像生成処理を大幅に見直し安定性を向上させました。
 (補助プログラムのカプセル化、処理サイクルの変更など)

※物件検索システムをご利用のお客様はバージョンアップをお勧めします。

2006年05月09日

売買くんVer2.06→2.07内容

売買くんのVer2.06から2.07のバージョンアップ内容です。
リリース日付:2006年5月9日

・デモ有効期限が経過した場合の処理にて問題が発生する場合があったのを修正しました。
・簡単バージョンアップにてver2.04より追加された管理項目のエクスポートを調整しました。

2006年05月07日

簡単バージョンアップ方法(ver2.04以降対応)

売買くんVer2.00以降の機能として搭載された簡単バージョンアップは
ver2.04よりさらに改良され、正規版を購入されたお客様は独自で最新版を
常に取得してバージョンアップできるようになりました。

具体的な方法は

続きを読む "簡単バージョンアップ方法(ver2.04以降対応)" »

売買くんVer2.05→2.06内容

売買くんのVer2.05から2.06のバージョンアップ内容です。
リリース日付:2006年5月7日

・2.05で追加された印刷レイアウト図面入り×12(交通あり)にて詳細行のずれを修正しました。
・web用画像自動生成時にエラーが発生する場合がある不具合を修正しました。

2006年04月30日

売買くんVer2.04→2.05内容

売買くんのVer2.04から2.05のバージョンアップ内容です。
リリース日付:2006年4月30日

・印刷レイアウトの追加を行いました。
 図面入リストx12
 図面入リストx21
 2行リスト(マンション)
 2行リスト(土地)
 2行リスト(戸建)

2006年04月28日

売買くんインストール場所について

売買くんはインストーラによって、自動的に所定の場所にインストールされます。
起動はインストール後にデスクトップに自動的に設置される売買くんアイコンで
可能ですが、不測の事態によるファイルの修復やグレードアップの際に
売買くんが実際にインストールされているフォルダを開く必要がある場合があります。

売買くんはバージョンごとに別フォルダにはいる仕様となっており、バージョン間で
共通利用するデータもあるため、いろいろなフォルダ関係となっていますので
必要な場合は以下のフォルダ階層構造をご参照ください。

 (フォルダ階層図)

続きを読む "売買くんインストール場所について" »

売買くんVer1から2への移行について

売買くんのVer1シリーズからVer2へのグレードアップを行った際に
Ver1の台帳情報を移行する手順についてご説明します。

この手順によって売買くんVer1からVer2へグレードアップされても
売買くんVer1は何も影響を受けません。またデータが消えることもありません。

売買くんVer1からVer2へのデータ移行方法

続きを読む "売買くんVer1から2への移行について" »

2006年04月24日

S&Pシリーズからの移行

売買くんは弊社S&Pシリーズの後継バージョンとして2006年より
リリースしております。

すでにS&Pシリーズをお使いのお客様が「売買くん」にアップグレードされる場合
S&Pに入っている物件や顧客などのデータを「売買くん」に移行してご利用になれます。
またS&Pから売買くんへアップグレード、移行を行ってもS&Pはなにも影響されずに
そのまま残ります。

S&Pから売買くんへのデータ移行方法

続きを読む "S&Pシリーズからの移行" »

売買くんVer2.03→2.04内容

売買くんのVer2.03から2.04のバージョンアップ内容です。
リリース日付:2006年4月24日

・顧客マッチング条件にて間取部屋数が入力した数値ちょうどの部屋が選択されない不具合を修正しました。
・顧客マッチング条件入力で数字項目で日本語入力の影響で正しく入力されない場合がある件を対策しました。
・画像外部管理化をした後の画像を張り替えた場合の再処理に不具合があったのを修正しました。
・売買くんバージョンアップ時にFTP情報を引き継げるように構成環境を再編成しました。

売買くんアンインストール方法

売買くんをバージョンアップして新しい売買くんに台帳データを移行した後も
前の売買くんは消えてしまうことはありません。
移行時点のバックアップとして残しておかれてもいいですし、そのまま使用することも
可能ですが、新旧を間違ってしまうこともあるため、前のバージョンの売買くんを
アンインストール(パソコンから削除)したい場合もあると思われます。

売買くんアンインストール方法

続きを読む "売買くんアンインストール方法" »

2006年04月21日

売買くんVer2.02→2.03内容

売買くんのVer2.02から2.03のバージョンアップ内容です。
リリース日付:2006年4月18日

・WEB用画像送信にて対象物件数がひじょうに多い場合に処理エリアオーバーフローが発生し
 中断していたのを修正しました。
・WEB用画像の表示品質改善のため、画像解像度を2倍にしました。

売買くんVer2.01→2.02内容

売買くんのVer2.01から2.02のバージョンアップ内容です。
リリース日付:2006年4月6日

・印刷帳票にて項目名が罫線にかかっていた部分があったのを修正しました。
・顧客マッチングにて東日本レインズデータ使用時に徒歩条件が入ってもマッチしないケースが
 あるのを修正しました。
・顧客マッチング徒歩条件の比較条件を調整しました。
・所在地の都道府県や市などの切り出し項目を調整しました。
・画像外部管理化にて外部に取り出した画像とのリンクに失敗するケースに対する対策を行いました。

売買くんVer2.00→2.01内容

売買くんのVer2.00から2.01のバージョンアップ内容です。
リリース日付:2006年4月2日

・画像外部管理化の補助処理である再リンクの条件調整し、よりスムーズになるようにしました。
・WEB物件検索にて従来項目に加えて2項目選択で追加できるようにしました。
・会員制プロテクションを改良しました。WEBからの会員申込に対応し会員管理も充実しました。
・会員制システムでの物件資料請求は会員IDのみで行えるようにしました。
・会員制システムでの物件資料請求画面に問合せ文章入力項目を追加しました。
・WEB物件検索システムのアップロード階層を調整し、アップロードアカウントを統一しました。
・物件確認書などの印刷からサーマルソフトのバナー部分を取り除きました。
・顧客マッチングにて希望条件の徒歩分数での抽出を修正しました。
・東日本レインズにて価格部分に不要なゼロが不可してしまっていたのを修正しました。
・WEB物件検索にて検索結果表示がブラウザによって文字化けしていたものを対策しました。

売買くんVer1.03→2.00内容

売買くんのVer1.03から2.00のバージョンアップ内容です。
(今回は大きな機能追加が行われたためメジャーバージョンアップとなります)
リリース日付:2006年3月16日

・売買くんシステム環境の階層構造を整理・変更しました。
・中部、東日本レインズに完全対応。ビューワ形式のデータをそのまま取り込めます。
・ホーム画面からのオンラインヘルプを近畿、中部、東日本レインズ対応にしました。
・物件台帳内の図面などの画像情報を外部フォルダにもたせる外部管理化を搭載しました。
・メールマガジンや顧客マッチングメールなどアプローチ方法を強化しました。
・WEB用公開画像を外部管理化した画像から自動生成できるように処理を追加しました。
・各台帳画面切り替え時に表示サイズが均一となるように最大化処理を整理しました。
・WEB簡易会員制対応。物件検索を会員閲覧のみとすることも可能にしました。(共通ID形式)

売買くんVer1.02→1.03内容

売買くんのVer1.02から1.03のバージョンアップ内容です。
(Ver1.03は内部改良バージョンのため、配布はしておりません)

・簡単バージョンアップ機能を追加しました。
・ホーム画面からネット上のヘルプへジャンプできるようにしました。
・WEB用物件送信時のメッセージ表示の整理と最適化を行いました。
・WEB版にて物件送信データ作成時に公開件数や新着情報表示のページも自動生成するように追加しました。
・物件台帳の機能ボタンの画像フォルダオープンでの動作不具合を修正しました。

売買くんVer1.01→1.02内容

売買くんのVer1.01から1.02のバージョンアップ内容です。
リリース日付:2006年1月29日

・WEB版アップロード処理のフォルダ階層設定を最適化調整しました。
・WEB版検索結果にて所在地の表示の不具合を修正しました。
・物件台帳からご利用者ホームページジャンプボタンの動作不具合を修正しました。
・初期設定の物件番号初期化処理の問題を修正しました。
・WEB版アップロードデータが対象物件より1件少なくなることがある問題を修正しました。

売買くんVer1.00→1.01内容

売買くんのVer1.00から1.01のバージョンアップ内容です。
リリース日付:2006年1月26日

・ホーム画面の顧客パスワードで入力ミスの恐れがある日本語入力制御を修正しました。
・デモ版から登録版への切替処理を効率化しました。
・デモ版にてデモ期間延長登録処理を追加しました。
・帳票印刷社名と購入社名が異なる場合があるため、購入社名を別項目として追加しました。
・売買くんインストールフォルダの名称変更とそれに伴うインストール処理の変更を行いました。
・デモ版ホーム画面にてデモサイトなどのガイド表示を追加しました。

簡単バージョンアップ方法(ver2.00〜ver2.03対応)

売買くんVer2.00以降の機能として簡単バージョンアップがあります。

これは売買くんの新しいバージョンを導入された際に、今までお使いだった台帳の
データをスムーズに移行して新しい売買くんでお使いいただくための機能です。

売買くんはバージョンごとに違った場所にインストールされますので、新しいバージョンの
売買くんを導入されても従来バージョンの売買くんは消えません。
またそのまま従来バージョンの売買くんを使うことも可能です。
しかし、機能や修正を施したバージョンアップはぜひご利用いただけるよう
またデモ版でお使いだった情報をそのまま継続して正規版でお使いいただけるよう
簡単に確実に台帳データを受け継ぐために簡単バージョンアップを搭載しております。

具体的な方法は

続きを読む "簡単バージョンアップ方法(ver2.00〜ver2.03対応)" »