« 2010年10月 | メイン | 2011年01月 »

2010年12月17日

期間パスワードの更新

「期間パスワードの更新」

 月額サービスをご利用のアプリケーションには、期間パスワード機能がついており、月初めには必ず更新して頂く必要があります。

■更新手順

 1、アプリケーションを開く

 2、ホーム画面を開く

 3、期間パスワード更新画面ボタンを押す

help_1.jpg

 4、期間パスワード登録ボタンを押す

help_2.jpg

 5、表示されている期間パスワードを入力しOKを押す

 6、期間パスが可になっているか確認

 7、終了

注意:パスワードを入力しても、可にならない場合は一旦ソフトを再起動しご確認ください。

注意:但し、ご入金確認が出来ていない場合は期間パスワードが更新されません。

2010年12月14日

売買くんver3.13(XP版)がバージョンアップされました。

「売買くんver3.13_XP版」


■ダウンロード

 ・http://www.e-thermal.jp/dwl/baibaikun_3_13_xp.exe


■新機能

 ・印刷物の所在部分に番地を表示させる機能(一部レイアウト)を追加
 ・収益物件概要資料に消費税有無を表示できるように改良
 ・マンション台帳内の不具合を改良


■売買くんver3シリーズ⇒売買くん3_13へのバージョンアップ手順

 1、”現行”売買くん3シリーズを立ち上げ、ホーム画面⇒『バックアップ』ボタンを押下します
 2、バックアップ完了後、現行売買くんを閉じてください。

 3、新売買くんを上記アドレスよりダウンロード
 4、新売買くんをインストール
 5、新売買くんを立ち上げる
 6、新売買くんホーム画面の『バックアップデータ取り込み』を押す
 7、データ取込が終了すると、一旦新売買くんを閉じます
 8、新売買くんを立ち上げ、データを確認し問題なければ完了

2010年12月11日

Lhaplus (解凍ソフト)

圧縮ファイルを解凍するソフトとして有名な「Lhaplus」を推奨しております。

■解凍ソフトのダウンロードURL
http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/util/se169348.html

169348_00.jpg

上記のファイルをインストールすると、
圧縮ファイルを右クリックしてメ解凍メニューを指定すると自動的に解凍が開始されるようになります。


2010年12月06日

ファイル修復について

>修復:ファイルが壊れたら

【壊れたファイルの修復】

 壊れているファイルメーカーProランタイム版のファイルを修復します。このスクリプトステップが実行されると、壊れたファイルから可能なかぎり多くの情報を取り出し、修復して修復後のファイルとして新たなファイルを作成します。
参考 このステップを実行する舞えに、修復後のファイルを保存するために十分なディスクスペースがあることを確認してください。ディスクスペースが不足している場合には、修復後のファイルが使用できないものになってしまいます。

1、Windows で壊れたファイルを修復するには、CtrlShift キーを押しながらランタイムアプリケーションアイコンをダブルクリックします。ファイル修復のダイアログボックスが表示されるまで押し続けてください。

2、「損傷したファイルを開く」メニュ内で損傷したアプリケーションを指定すると、自動的に修復が開始されます。

image3.jpg

  (フォルダ階層図)
  マイコンピュータ
    Cドライブ
     Program Files
      ThermalSoft
       BaiBaikun(ChintaiSan)
        売買くんver9.99 ・・・ この中に売買くんのプログラムが入っています
        賃貸さんver9.99 ・・・ この中に賃貸さんのプログラムが入っています

3、完了メッセージがでるまでお待ちください。

4、修復が終わったら、動作確認のためにデスクトップにある売買くん・賃貸さんのアイコンをダブルクリックして正常にホーム画面が表示されるかご確認ください。

【原因】

 ファイルが壊れる原因の中でもっとも多いのは、ファイルメーカーProランタイム版が正しく終了されなかったことに基づくものです。また、ハードディスク などのメディア(記憶媒体)の不良によって、ファイルを読み込むことができないということも考えらえます。
ファイルが開かれているときに、次のような状態になると、開かれているファイルは、正しく閉じられません

1.停電などの電源不良によって、コンピュータが突然シャットダウンした。

2.ファイルメーカー Proランタイム版の実行中にエラー(たとえばディスクの読み込みエラーやファイル損傷エラーなど)が発生し、アプリケーションの終了を求めるダイアログボックスが表示された。

3.他のアプリケーションやファインダなどがクラッシュしたために、ファイルメーカー Proランタイム版を強制終了した。

4.ファイルメーカー Proランタイム版が動かなくなったので、リセットなどの方法でコンピュータを再起動した。

5.その他の理由で、マニュアル操作でコンピュータを再起動した。

参考どのような場合でも、その時点でアクティブになっていたファイルだけでなく、開かれていたすべてのファイルが正しく閉じられなかったと判断されます。ただし、ネットワーク経由で開いたファイルの場合には、元のコンピュータに電源が供給されていれば、そのファイルが閉じられることがないため、正常なファイルとして使用することができます。

2010年12月04日

Cutepdf(PDF無料生成ソフト)

■ソフト:http://cutepdf.brothersoft.jp/

■用途:PDFを生成できるソフトで、物件資料などをお客様へメールで送付する際に便利です。

■使い方

 1、ソフトをダウンロード
 2、インストール
 3、通常印刷する手順で、印刷設定メニュー内のプリンター選択をCutepdfにするだけで、PDFが生成できます

 image.jpg

 PS 他にもPDF生成ソフトがあり、いろいろと試しましたが、文字化け等が少なく現状無料で広告誘導などのわずらわしさも無いので、推奨しております。

画像取り込みについて

「売買くん及び賃貸さんの画像取り込みについてのヘルプ」

1、売買くん及び賃貸さん物件台帳詳細画面を開き画像を貼り付ける物件を開く。

2、当社推奨のイーファンビューで物件画像を開き必要な部分を選択しコピーする。

  Irfanview http://www8.plala.or.jp/kusutaku/iview/

image2.jpg


3、売買くん及び賃貸さんの物件詳細画面を開き、図項目(図1、図2等)の取込ボタンを押すとソフト内に画像が取り込まれます。

 P.S 図項目には、開く・消去・取り込みの3ボタンがあり、

  ・開く:取り込まれた画像を画像ソフトで開くことが出来ます。
  ・消去:取り込まれた画像を消去します。
  ・取込:外部でコピーされた画像をソフト内に取り込みます。

image1.jpg

以上